新着情報一覧

本日のあつかい魚種。①青森県産 スルメイカ

2008/08/01

おはようございます。今日もお取引先様からバンバン電話が入って忙しいですよ!!今日は日本一捕獲量の多い青森のスルメイカを掲載しました。孵化して産卵するまでが1年、産卵すると死んでしまうので、まさに1年イカなんです。メスが大きくオスが小さい。大きさで言うと25センチ前後になります。名前の由来「するめ」は「墨群(すみむれ)」で墨を吐くイカタコは「すみむれ」と呼ばれる。これが転訛したものなんです。この時期に取れる小振りのものを市場では「ばらいか」といいます。スルメイカの場合、生よりも焼く煮るなどしたときに味がぐんと増します。店内では、煮物や焼き物で味がぐんと増しますなどの案内POPを付けて販売してほしいですね。
担当 田中
←前の記事へ 一覧へ 次の記事へ→